「青掬水爪龍葉瑠璃色総風鈴獅子咲牡丹」の親木

1110_3

この朝顔は夏場に咲いたものではなく、正真正銘今朝、今年初めて花を咲かせた朝顔です。苦節(?)6ヶ月、寒さに負けることなく、無事に花を咲かせてくれました。

数年前に国立民族歴史博物館でやっていた変化朝顔の展示会に行った際に購入した、資料のおまけとしていただいた種子を、ようやく今年植えて育てたものです。

タイトルは、この朝顔が変化して咲いた場合の名称で「あおきくすいつめりゅうばるりいろそうふうりんししざきぼたん」と読みます。呪文のようでまったく意味がチンプンカンプンでしょ?(^^;。名称のあとの「親木」とは、残念ながら花に変化が無くフツーの朝顔の花が咲いたものをさします(多分)。メンデルの法則でいうところの「優性」株ですね。

呪文のような名称は、この花が変化して咲いた場合の特徴を並べたものです、簡単に言うと。詳しくはこの記事の下のほうにあるHPをクリックしてね。

種を植えたのが5月の半ばごろだったと思います。

種まきの日をきちんと記録していませんでした・・・

でもそれから10日以上経って、ようやく芽を出したのが5月30日。

530

5個植えたうち芽が出たのはこの1つだけ(手に入れて5年以上経ってるしね(^^;))。しかも、一見「もやし」のよう・・・

これでは、ちゃんと成長できないのでは・・・と思いつつ、家の中で大事に育てることにしました。

610

この時点で6月10日。やっと緑色になりました。

71

これで7月1日。ようやく成長点が見えてきました。

78

その1週間後にようやく本葉が出てきました。なんだか挑戦的な葉っぱです。

87

やっと鉢上げしましたが、すでに2ヶ月経過でこのサイズ・・・あまり大きくならないだろうと、4号鉢に植えました。

812

お盆の頃にようやく葉っぱが増えてきました。

829

発芽から3ヶ月後の8月29日、ようやく上へ成長し始めたと思ったら・・・

97

9月7日、この頃からどんどん蔓を伸ばし始めました。

これ以上、どんどん伸びるとは思わなかったし、だいぶ涼しくなってきたので、苗の植え替えをして根に傷を付けて枯れられては困るなあと思い、このまま成長させることに。

この鉢のサイズなので、支柱を増やすわけにも行かず、この一本の支柱に上に蔓が伸びては下に下げてまた上へ・・・を何度か繰り返させた、ちょっと見苦しい仕立てにしてしまいました。

9月頃に小さな花芽を付けていたのですが、大きくなる前に黄色くなって枯れていました。

それでも苗の勢いは衰えることなく、順調に蔓を伸ばし葉を増やして、ようやく10月の半ば頃にまた花芽を付けてくれました。

また枯れるかもと、あまり期待しないでいましたが・・・

118

11月8日にやっと蕾らしいものが見え・・・

119

1日半でここまで成長し・・・

ついに今朝、上の写真のように、きれいな花を咲かせてくれました。

名称のとおり、きれいな瑠璃色です。「ヘブンリーブルー」より、もっと濃い、本来の朝顔の色です。原種の朝顔はこんな瑠璃色をしているそうで、そういえば昔の、草木を描いた屏風などに描かれる朝顔は濃い青い色で描かれていました。

それにしても、変化朝顔、とにかく成長が遅かった・・・

室内で育てたということと、肥料をあまり上げていなかったことが原因だったのかな。

でも、のんびり育てたせいか、思った以上に寒さに耐えてくれました。

この部屋寒い日の朝は12度くらいまで気温が下がったこともありますが、なんとか持ちこたえています。

まだいくつか蕾が付いてきているので、しばらく朝顔の花見を楽しめそうです。

次の楽しみは結実、うまくいけば来年もまた朝顔を育てることができそうです。

これ以上、変化する朝顔は楽しめないかもしれないけど、こんなにきれいな瑠璃色の朝顔を楽しむだけならこれで十分です。

なんたって立冬過ぎに朝顔を楽しめただけで満足です。

なお、変化朝顔について詳しく書くと、ものすご~く労力がかかるのでこちらの→「アサガオホームページ」をご覧ください。

様々な変化朝顔(もちろん、我が家の朝顔が正しく変化した場合の写真もあります)の写真や、変化朝顔について詳しく書かれています。高校時代に生物を勉強された方には久々に「メンデルの法則」を思い出していただけると、変化朝顔の原理がわかるのでは・・・。

もちろん、あの呪文のような名称についての説明もあります。

季節は冬ですが、ちょっと夏気分を味わって見てください。

なお、今回は、この朝顔の成長記録を残すためにこのブログに記事を載せました。

またしばらく、お休みします。

| | コメント (0)

開店休業

長らくブログをお休みしておりました。

実はしばらくこちらのブログをお休みして、新しいブログをはじめようと準備(?)をしていました。

本当はこのブログそのものを終了しようかと思いましたが、時々岩手のお店を検索してここに来られる方がいるようなので、このブログはそのまま残すことにします。

それに、新しいお店の情報とか、食べ物屋さんの情報など(最近世を騒がせているセレブ紛いの女性のブログと違って、ほとんど庶民向きのネタしか載せられませんが・・・(^▽^;))があれば、その時はこちらにネタを載せようと思います。

ちなみに新しいブログでは、記事一つに写真一枚と、ちょっとしたコメントをつける程度の、シンプルなブログとなります。

そして、この記事の中ではあえて新ブログのアドレスを紹介しませんが、このブログのどこかに密かな入り口を設置しておりますので、興味のある方はそちらから遊びにきてくださいね。

それでは、また・・・

|

びっ栗・ビッグり

Cimg1938  Cimg1916  Cimg1912

月曜日に秋田県仙北市西木町まで栗拾いに行ってきました。以前にも購入したことのある巨大栗「西明寺栗」を手に入れるためです。

本当は、西明寺栗を購入するだけの予定で「むらっこ物産館」に行ったのですが、残念ながら売り切れてそこには無く、どうしようかなあと思っていたら、施設の中に観光栗園の案内があったので、それを頼りに行ってみたんです。

今回行ったところは「久之助栗園」さんというところ。どうも、観光栗園をやっているのはここだけみたいでした。

お目当ての栗はあったのですが、当然のことながらサイズで金額が違う・・・

Mサイズでキロ800円、3Lサイズともなるとその倍以上。ただし、3Lサイズは品薄で、その場では売っていませんでした。

で、栗拾いの場合、入園料大人200円、拾ったものはすべて買取でサイズに関係なくキロ800円・・・

と言うことは、実際に栗拾いをして大きいサイズを拾えばそっちのほうがはるかにお得。

ということで、急遽栗拾いをすることに。

栗園の場所は、直売所から離れているため、車で送迎をしてもらいます。

車で3~5分くらいかな。

広い栗園に入ってすぐに栗発見。だけど、拾い進めていくうちに、最初に拾ったもののサイズが小さめだったことに気が付き、小さいサイズはその場に置いて大きいサイズの栗とチェンジ(^^;。だって、際限なく拾ったらすぐに1キロ超えちゃうもん。目標は一人1キロで計2キロ。結局トータルで1.8キロ弱だけど、1.7キロ分でお代は済みました。

Cimg1917

同じことを考える人はいるもので、園内の所々に、このように置き去りにされた栗の小山が・・・(^^;

でも、拾いに行ったおかげで、チョー特大の栗を拾ってくることができました。手のひらにのっている大きなもので3Lサイズらしいです。

で、栗はというと・・・

Cimg1940  Cimg1942

栗ご飯と、初チャレンジの渋皮煮に変身。

どっちも美味しかったです。特に渋皮煮。ラム酒とバニラビーンズをいれ、キビ砂糖で味付けをしたので、コクがあってほのかに香ばしい感じにできあがりました。シロップは黒糖飴のような味。最初口に入れたとき、一瞬甘すぎた?と思いましたが、後味はさっぱりで、ちょうど良い甘さでした。バニラの香りで少し甘めに感じたのかもしれません。ラム酒はたっぷり入れましたよ~。

来年もチャレンジしようかな。栗拾いも・・・。

久之助栗園さんでは、焼き栗も売っていました。これも美味。

農園のみなさんの対応も良かったので、いつかまた行って見ようと思います。

Cimg1907

むらっこ物産館で食べた、季節限定の栗渋皮煮ソフト。

ほのかに栗の味がしました。

|

秋祭り

Cimg1825  Cimg1826  Cimg1797  Cimg1783  Cimg1786_2 Cimg1770

金曜日から今日まで、私の住んでいる町のお祭り(稲荷神社の例大祭)です。

例年、夜の合同パレードのみ見学に行っていましたが、今年はこの町に住み始めてからの初体験、最後の御還りも見に行ってみました。

大きな山車(5台)が出たり、郷土芸能の踊り(通常は3団体、夜のパレードの時のみ5団体)が出たり、さらには門付けが家までやってきたりと、なかなか賑やかなお祭りです。

私が育った町でのお祭りといえば、女性の手踊りが行列を作ってゆっくり進むもの(あとはさんさ踊りくらい・・・)で、初めてこのお祭りを見たときはカルチャーショック(?)のようなものを受けました。

Cimg1848  Cimg1851  Cimg1866 Cimg1872_2   Cimg1887_3

踊りは、獅子踊り、七つ踊り、駒踊りです(後ろ3枚順に・・・)。

パレードなどが無いときは、それぞれいくつかのグループを作って、家々をまわります。

Cimg1897  Cimg1900

我が家にやってきた獅子踊りのグループ。

町内広いし、3日間も続けると踊り疲れ・歩き疲れでぐったりでしょうね。

他の2団体もやってきましたよ。我が家の直近の方々が不在だったため、私独り占めで見ていました。

山車のグループは、山車を引いてくる場合もありますが、大抵は代表者みたいな方々がやってきて、家の前で「おんどあげ」をしていきます。いずれの場合も「御祝儀」が必要です・・・なので、我が家はほとんど不在の場合が多いです(^^;。

今年は踊りを沢山見させてもらったので、ちゃんと御祝儀出しましたよ。

9月の半ばから、お祭りの太鼓の練習が始まって、その音が聞こえてくると「秋だなあ~」って思うけど、このお祭りが終わると「冬だなあ・・・」って思ってしまいます。

冬がまた近づいてきました(-_-;。   

|

今年の滝ノ上の紅葉

Cimg1756

昨日行ってみて、もっとも染まっているところでこれくらいの紅葉。

最近朝晩の冷え込みが厳しいので、このままでいくと一週間後が楽しみです。

ここの紅葉は、本当に見事です。

滝ノ上温泉までの道が狭く、カーブも多いのが難点ですが・・・。

ちなみに・・・

国見温泉方面にも行ってみましたが、こちらはまだまだでした。

見頃は10日以上先かな・・・。

| | コメント (0)

樹海ライン

Cimg1712  Cimg1732  Cimg1722 Cimg1742

松川温泉から八幡平に向かう樹海ライン、今、最も美しい紅葉を見ることができます。

広葉樹の赤・黄・オレンジと針葉樹のグリーンのコントラストが、本当にきれいです。運転しながらも良いけど、車を停めて、林の中の紅葉をじっくり眺めるのもお勧めです。お昼過ぎのほうが西日が当たってきれいかな。

今週末のドライブにお勧めです。松川温泉や藤七温泉の露天に入ってゆっくり見るのも良さそうだけど、今週末は混むかもね~。

Cimg1579  Cimg1663

| | コメント (2)

犬倉山の熊

 Cimg1512  Cimg1518_2  Cimg1522

網張温泉からのんびりリフトに揺られて終点まで。そこから少し急な階段を上っていくと、とても見晴らしの良い場所に到着します。ここから犬倉山が一望できます。

あまり期待しないで行ったけど、今年は想像以上に鮮やかな紅葉の山を臨むことができました。

はじめはお日様が雲に隠れていたのですが、日が照り始めると一層鮮やかさを増して、長時間見とれてしまいました。

ここから先、犬倉の頂上までは時間的にはさほどではないし、急な登りだけど何とか私の体力でも昨年登ることができたので、今年もチャレンジしようかと思ったのですが、犬倉から戻ってくる登山客に「この先の登山道周辺で熊が出た」との情報を得て躊躇しつつも、途中まで行ったら元の見晴台の辺りから「熊だ!!」の声。引き返して、犬倉方面を見ると・・・

Cimg1497  Cimg1498  Cimg1499

あ~らびっくり、親子熊が山の斜面をせっせと登っていくのが見えました。

しかも結構早く移動するんですよ。

そのうちに林の中に消えましたが、確かに犬倉山の登山道にほど近い所を歩いていました。この季節の親子熊に会うのはちょっと危険らしいので、つくづく登山道を前進しなくて良かった~と一安心。

それにこの場所に居たから、野生のナマ熊を見ることができたしね。

本来熊は臆病ものと言うことなので、もし鈴やラジオなどを忘れた場合は、時々手を叩いて音を出しながら歩くのも熊よけになるそうです。私も熊除け代わりの鈴を忘れたときは、時々手を叩きながら山の中を移動します。

というわけで、皆さん、山歩きには十分注意しましょうね。人が沢山いるようなにぎやかな登山道でも気を抜かないように・・・。私にとっても今回は良い教訓となりました。

Cimg1515

| | コメント (2)

9月26日の八幡平

Cimg1428  Cimg1430

御在所から少しのぼったあたり。

Cimg1435  Cimg1437  Cimg1443

ふけの湯の周辺。

Cimg1445  Cimg1455  Cimg1466  Cimg1468

大沼周辺。写真には撮らなかったけど、ビジターセンターの上のほうにあるマッドポットは、以前に比べて大分活発化していました。噴火でもおきるのか??

Cimg1471

大場谷地周辺。月が見えていました。これが満月になると中秋の名月かな?

日が翳って写真撮れなかったけど、帰りに通行した樹海ラインのほうが紅葉がきれいでした。

天気が良くなったらチャレンジしようとは思うけど・・・その前に紅葉が終わりそう(-_-;。

| | コメント (0)

鳥海山?

Cimg1350

蓬莱境を巡った後、八幡平(見返峠の駐車場)方面に車を走らせていたら、見慣れないきれいな山が遠くのほうに見えていました。どうも鳥海山のようです。

もしかしたら、今まで見えていたのかも知れないけど、雲海の上に頭を出した姿でようやく認識できたのかも。

今日は快晴ではなかったけど、空気が澄んでいたのか、かなり遠くの山々まで見ることができました。

Cimg1351  Cimg1341

見ているのは気持ち良いんだけど、風が冷たかった(-_-;

Cimg1295  Cimg1302  Cimg1357

岩手山三連発。

1枚目はお昼を食べた県民の森から見えた岩手山。

2枚目は蓬莱境を巡る前に駐車場(藤七温泉の下)から見えた岩手山。

3枚目は帰る途中のアスピーテラインからの岩手山。実はこの写真の岩手山の左横には、早池峰山の山頂がちょびっと見えています。

そうそう、鳥海山が見えると数日中に雨が降るそうな。

そういえば、明日の予報は雨・・・。明日はじっとしているかな。

| | コメント (4)

天然回遊式庭園

Cimg1311  Cimg1309  Cimg1321

今日は相変わらずの八幡平。でも、頂上ではなくて蓬莱境を巡ってきました。

夏に一度蓬莱沼コースを巡りましたが、今回は藤七温泉の前から入るもう一つのルートを巡ってみました。とはいっても、このルートを巡った後、沼コースにも行きましたが・・・。

初めて訪れたこのルート、結構スリルもあって楽しいルートでした。大きな岩の間を通り抜けたり、苔むした石畳を歩いたり。その間に複雑な成長を遂げたハイマツや紅葉の景色を楽しんだり。京都の名所にある回遊式庭園って、こんなルートを参考に作られたのかも・・・と思う場所もあり。岩に根を張った木の様子などは、巨大盆栽のようでした。

とにかく変化に富んだ景色を楽しむことができます。特に今は紅葉と針葉樹が屏風絵のように美しいです。楽チン遊歩道に飽きたら、是非こちらも訪れてみてください。

Cimg1319

中にはこんな道も・・・。実はここ、大きな岩と岩ににかけられた木道で、傾斜もあるし、この下は2~3メートルくらいの空間もあり、落ちたら確実に怪我するようなところです。ちょっとびくびくものでした(^^;。

Cimg1317

こんな岩のトンネルもあります。上の木道の手前にあります。

是非、天然アスレチックを楽しんでみてください。ただし、岩が濡れると滑りやすくなると思うので、足元には特に注意。ヒール付きや、底が滑りやすい靴は絶対やめたほうが良いです。

小さいお子さん連れの歩行も、十分に注意が必要です。

Cimg1331  Cimg1337  Cimg1340

現在の蓬莱沼周辺の様子。

もう少したったほうが、紅葉はきれいかな。

| | コメント (0)

«広い空